キッズタレントを目指して!良い事務所を探そう

>

何回も練習しよう

審査では親も見られている

面接で審査員は、子供にいくつかの質問をします。
自分の順番を待っている時の様子を観察しながら、子供を審査しています。
礼儀正しく待つことや、元気に受け答えをするよう子供に教えましょう。
騒いだり室内を歩き回ったりすると、基本的なマナーを守れない子供だと判断されます。
基本的なマナーが守れない子供には仕事を与えられないので、審査も不合格になってしまいます。

また子供だけでなく、親も礼儀正しくすることを忘れないでください。
例え子供が才能を持っていても、親に問題があると避けられます。
態度だけでなく身だしなみも整え、その場に合った服装を意識してください。
親の態度や身だしなみが原因で、子供の夢を潰さないように気を付けましょう。

練習しておくと安心

たくさんの大人が目の前にいると、子供は委縮したり緊張したりするかもしれません。
緊張すれば普段の才能を十分に発揮できず、子供の良いところが伝わりません。
せっかく二次審査にまで進んだのに、そこで不合格になるのはもったいないです。
なるべく緊張しないよう、自宅で何度も面接の練習をしましょう。
親が審査員役になり、子供に質問してください。

事前に聞かれやすい質問を調べ、その答えを用意しておくのがおすすめです。
急に質問されても、子供は考えをまとめられず答えに詰まってしまう可能性があります。
すぐに答えられないと印象が悪くなるので、いくつかの質問の答えを用意し、子供に覚えさせてください。
そして自信を持って、面接に臨みましょう。


この記事をシェアする