キッズタレントを目指して!良い事務所を探そう

>

審査が2回行われる

プロに任せるのも良い方法

審査の書類には、必ずと言っていいほど子供の写真を貼ります。
キッズタレントになるためには見た目が優れていることも大事なので、子供が魅力的に写っている写真を撮影してください。
親が撮影しても構いませんが、うまくできなかったら写真屋に行くのがおすすめです。
プロのカメラマンに撮ってもらえるので、クオリティーが格段に違います。

どのようなポーズをすれば良いのかアドバイスもしてくれるので、魅力的な写真を作りやすい面がメリットです。
子供は本格的な写真屋に行くと緊張するかもしれませんが、オモチャなどを使って緊張をほぐしてから撮影に臨めるので安心してください。
プロに依頼する際は、芸能事務所の審査用の写真だと事前に伝えておきましょう。

自己PRの書き方を知ろう

審査で提出する書類には、自己PRを記入する欄があります。
ここを埋めるつもりで、記入してください。
空白が多いと、やる気がないと思われてしまいます。
まだ字が書けない年齢の子供だったら、親が自己PRを書いても構いません。
親が勝手に書かず、書く内容を子供と話し合いながら決めましょう。

基本的に自己PRには、好きなことや趣味を書きます。
教室に通っている時は、それも記入して才能があることをアピールしましょう。
また、普段の様子を描いても良いと思います。
元気に挨拶ができる、芸能人のモノマネをよくしている、リーダーシップがあり、みんなのまとめ役になることが多いなど、プラスになりそうなことをたくさん書いて、審査員の興味をひいてください。


この記事をシェアする